スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

夏の庭/湯元香樹実

b0006822_22473811.jpg

以前から借りていた、湯元香樹実の『夏の庭』を読破した。
平たく紹介するならば、日本版『スタンド・バイ・ミー』。
今にも死にそう(に見える)おじいさんと、小学校6年生の3バカトリオ
の、夏休みの間の奇妙な交流を描いた作品です。

「日本の夏休み」というノスタルジックな仮想現実空間に引き込まれます。
予定調和で進むストーリー、変に生々しくない登場人物たち。
ふわふわと、地に足が着いた感じがしないのは、夏休みだからだろうか。
だからこそ、このお話の内容が引き立つというか、童心に返れて、
素直に感動できますね。
だって、子供の頃見ていた世界は綺麗だったから。
好奇心いっぱいで、どこかふわふわして、何か分からないけどわくわくしていて。

大人も楽しめる児童文学として最高傑作ではないでしょうか。
こんな暑い夏、ふとした現実逃避に一冊。
ノスタルジーな世界に浸れます。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/04(木) |
  2. book|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ponkikki.blog12.fc2.com/tb.php/22-04d1a228
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。