スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ヤノベケンジ

i8cj8i0000012cwds.jpg

ヤノベケンジ「タワー・オブ・ライフ」。
前回のエントリで触れたので、紹介。

彼は子供の頃に見た、70年の大阪万博をモチーフにした映像作品を
その「六本木クロッシング展」に出品していた。
彼は万博タワーが開催期間後に解体され、
てっぺんがクレーンで下ろされてゆく様子を見、
それを「落下する未来」と感じた。
未来都市の廃墟に入ってみると、そこには未知なる植物が
力強く自生していたというコンセプトが、上の画像の作品だ。


08.jpg

落下する未来。

未来都市は廃墟となり、危険なのでアトムスーツを着なければならない。
ヤノベはアトムスーツを着込んで、仮想現実の70年代大阪万博を、
仮想現実の未来から追いかける。
当時べ平連で、ヘルメットひとつ被って太陽の塔に登り、
3週間立てこもった「佐藤さん」のインタビューを交え、
彼は「佐藤さん」の行動を追体験しようとする。
アトムスーツで万博会場跡地へ向かい、
”落下した”未来廃墟で植物を見つけ、
佐藤さんがしたように、時代を追体験するように
太陽の塔へ昇り、左目に腰掛け、手を振った。

「佐藤さん」は現在、札幌で下着ショップを経営している。
当たり前だが架空の人物である。

1970年、人々は未来を夢見ていた。
ドラえもんの連載が始まったのもこの頃。
その頃の未来の憧れ、高度成長期を経た技術の躍進、
そして大阪万博の太陽の塔の中に存在した生命の木、
そんな今では失われた希望のようなものを感じた。

それから36年、愛知万博はどうなんだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/02(土) |
  2. art|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ponkikki.blog12.fc2.com/tb.php/17-e506a795
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。