スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

クスクスヴァージン

050630_1249~0001.jpg

新橋の航空会館1階カフェにて。

以前から「クスクス」を食べてみたいと思っていたのが、ようやく念願叶いました。
クスクスとは、細かいパスタみたいなものらしいです。
穀物だと思ってた…

後ろにあるのはサワークリーム乗せラタトゥイユ。
新橋とカフェって合わない組み合わせですね。
競合が少ないのか、ココも平凡な店内、平凡な味でした。
もっと高くて、もっとガッツリ食べられる食べ物やさんが多いです。
さすがオヤジの街新橋。
なんと駅前でTBSの人に街頭インタビューされちゃいました。
さすが大都会東京砂漠。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/30(木) |
  2. journey|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

名古屋のカルチャーカフェ/栄4丁目

20050607211243.jpg

栄4丁目にあるカフェ、S4。

「やまちゃん」で手羽先を食べた後、食後のコーヒーをどこかで飲みたくなった。コンビ二で買ったグルメガイドに深夜2時まで営業しているカルチャーカフェと紹介されていたので行ってみることに。
栄駅からも新栄駅からも徒歩5分程度という場所にあり、食事やバーやクラブのアフターに便利そうだ。DJブースがあり、ハウスが流れているけど、あくまでもBGMだという立場をわきまえていて音量が大きすぎないところがとってもいい。

店内は一見狭そうに見えるが、奥は以外と広く、構造的にあまり他のお客さんが気にならないようになっている。この写真から店舗全体の雰囲気は掴みづらいが、他のテーブルとの距離や配置が良く、他人が気にならないので非常にくつろげる。
私たちが座ったソファ席の横には、「新建築」「HUGE」「relax」などその手の(?)雑誌がずらり。種類はかなり豊富で、バックナンバーも充実。

耳心地良いハウスにおいしいドリンク(フードも結構充実しているようだ)、ソファに座って友達や恋人とダラリと自分の部屋のように雑誌を開いてくつろぐにはもってこい。良い子の夜遊びの仕上げに寄ると、とても良い気分で眠れそうな予感。

このS4を始めとして、S4プロジェクトという栄4丁目を活性化させるプロジェクトがあるらしい。近くにはclub JB'Sというクラブもあります。

  1. 2005/06/07(火) |
  2. journey|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

名古屋グルメの旅/名駅テルミナ・錦

20050607203322s.jpg

世界の山ちゃんの手羽先。やりすぎ感のあるコショウ味。

名古屋へ行って来ました。
名古屋に来たからには、名古屋の味を味わわんといかんがね!
と、張り切って「名古屋嬢ライフ」という本を片手に歩きました。

3時に到着したために遅い昼食となったので、名古屋第1弾の名古屋グルメは「名古屋コーチン」。テルミナ7Fで名古屋コーチンずくしのセットを食べた。とてもおいしかったが、これは老舗でも有名店でもないので、今回は省略。

手羽先を食べようということになり、「風来坊」を探す。名古屋では二大手羽先屋として、味の濃い「世界のやまちゃん」とややあっさりの「風来坊」が存在するらしい。
しかし道に迷い、途中で見つけた「やまちゃん 錦三大津店」に入る。

「世界のやまちゃん 錦三大津店」は、2階は宴会対応のお座敷、3階は少人数用テーブル席で、雰囲気的にはよくあるチェーン居酒屋系。

感想は、手羽先は凄くおいしかった!が、それ以外のメニューは名古屋人以外にはややついていけない感が感じられた。「名古屋嬢ライフ」の著者は名古屋人であるが、名古屋人の言う「味が濃い」というのは、正直とんでもない。ある意味名古屋を肌で感じられるので、一度は是非体感してみることをおススメするが。

ちなみに、お値段はかなりリーズナブル。
お酒を飲まない人なら1人分が2000円も行かない。
名古屋人はなんでもやりすぎる傾向にあるのか、大盛りが大好き。昼の名古屋コーチンもそうだったし、翌日朝食べたひつまぶしもだが、「定食」としての量が約1.5人前。
名古屋の喫茶店はおまけつきで有名だが、定食屋も居酒屋も負けてられない?これぞ名古屋の「金払っとるだが、元取ってやるだがね!」根性を満たす名古屋ならではのサービスなのか。
  1. 2005/06/07(火) |
  2. journey|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。